カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪すかんぽ
かりんの花が開き始めました。

DSC02025b.jpg

スカンポ。小学校の帰り道、田んぼの土手にあり噛むとスッパイ思い出が。
歌に「土手のスカンポ ざわさらさ・・・」とありました。曲名は?。

DSC01381b_20120430221325.jpg

昨年俳句の会にて。浅間の噴火による犠牲者を慰霊して建てられたさざえ堂にて
一句。
 
 さざえ堂 浅間に祈る しゃがの花   一芳

DSC02036b.jpg

コンクリートとアスファルトの隙間から、たくましいギボウシ。

DSC02028bJPG.jpg



スポンサーサイト
歓送迎会
24年度異動による、九十九小学校先生方の歓送迎会が先日ありました。
校長先生始め皆さん、子供達の為にありがとうございました。

DSC02330b.jpg

九十九小かるた 「に」  にこにこと 欠かさずあいさつ 九十九の子

           「き」  協力の 輪で結ばれる PTA

DSC02009bJPG.jpg

つつじは早いです。

DSC02013b.jpg

八重桜は豪華絢爛

DSC02016b.jpg



庚申塔復活
菜の花とクマン蜂(クマバチ)

DSC01997b.jpg

ミツバチも一生懸命。

DSC02000bJPG.jpg

三つ葉アケビ?

DSC01971b.jpg

歩く先々で、大きな木が個性ある色で迎えてくれます。春ならでは。

DSC01977b.jpg

DSC01981c.jpg

一休み

最近背景の竹林から農道沿いに出て、?年ぶりに日の目を見た庚申塔など。
天和3(1683)年、寛政3(1791)年、同12(1800)年、安政7(1860)年
など見える。

庚申信仰は長い間農民の支えになっていたようだ。

DSC01992b.jpg

竹林の下は昔防空壕だったとか。
防空壕の上で弘法様・庚申様がお守りしてくれたか。

DSC01987b.jpg

紫モクレンは優雅に花弁を開いてます。

DSC02001b.jpg

DSC02003b.jpg


天神様の大市
昨日26日は大市の日ですが、朝からの雨で屋台などの出店はなしとなりました。
残念。それでも地元の人がぼちぼちと出かけて来てくださいました。

ありがとうございます。

DSC01963b.jpg

九十九小かるた 「て」   天神さん 盛んな市に 村人集う

DSC02326b.jpg

津雲神社の東参道の石段数は143(数え方では144)段で直線では松井田町内
一番とか。よく調べて比較する人がいるなと感心

椎(しい)の木 ご神木候補にふさわしい木。
近くには洞のある杉の大木があり、昔フクロウの繁殖場所だったとか。

DSC01956bJPG.jpg

つくも小かるた 「ね」   根をはって 大樹に育て 九十九の子
「ね」の絵札(写真札)はこの木に付き、再掲。

DSC02136b.jpg

この手水鉢は、国衙の元朝日神社のもの。
漱?と銘が有り、奉納者の名前が刻まれている。

DSC01951b.jpg

津雲神社の南参道の延長上に九十九小学校があり、さらに南下し榛名道に突き当
たる。両土地の間に何らかの関係性があってもおかしくない。
小学校を国衙跡とし、神社を館跡とする考えもある。

校庭南門から南に行くと榛名道に出る。その先の有無は不明。

DSC01945b.jpg

榛名道 右脇道を入ると小学校南口。

DSC01948b.jpg

地図は(4/17



歯朶科橋
歯朶科橋

しだは目出たい植物で正月などに使われたとのこと。
歯は齢に通じ,朶は枝で長く伸びるものの意。

「歯朶」といえば「裏白」をさし、新年の季語。
夫婦共白髪・夫婦和合の象徴ウラジロは常緑で枯れないことから新年の飾りにピッタリ。

なんとも万葉調の名前で、古代の人の喜びが伝わって来ます。

DSC01929b.jpg

勝手に想像を膨らませると、新しい橋の完成を祝って歯朶を並べて敷き宮司のお祓
いと渡りぞめを行い神社にお参りをしたか?
 
あるいは元旦の初詣に、真新しい仮の板橋に歯朶を乗せた神橋を渡り神社に詣でた
か?

はたまた、古東山道を行き交う人々を泊める宿の歓迎の表示か?思い巡らすと楽し
い。

DSC01937.jpg

DSC01938b_20120426212905.jpg

乱世の世には、仮橋の板を外して外敵を防いだとか。
自然の要塞、断崖城の下増田城にふさわしい絶壁にかかる。
古い時代ほど川面に近く橋を架けたと思われる。

DSC01935b.jpg

津雲神社の東参道は、橋を渡りこの建物の間を通り神社へ向かう。
願わくばもう少し幅を頂きたいが。

DSC01941b.jpg

この辺りから上橋(じょうばし)にかけて夏にはホタルが飛び交っていました。
最近は会えないので残念です。

DSC01939b.jpg



チョコの散歩道
ブルーベリーの蕾が開き始めました。

DSC01912b.jpg

名前は?今年も花の時期に。だんだん増えてるようす。

DSC01926b.jpg

DSC01924bJPG.jpg

牧場にブタ?いいえ芸術作品です。子馬も。

DSC01915b.jpg

新芽で山が柔らかいキルトのように。命の再生。

DSC01919bJPG.jpg

DSC01922b.jpg

一休み

DSC01905b.jpg

ミツバチは休んではいられない?1年にはちみつ1000キロ集めるとか。
働き者ですね。

DSC01917b.jpg

DSC01918bJPG.jpg



立花霧中
霧雨の中、じっと耐えている花々。

顔を出し始めた金キャラの新芽をバックに、黄梅の長く細い枝に連続して咲く
黄梅の花。

DSC01862bJPG.jpg

DSC01863b.jpg

ドウダンツツジはもう少しで満開に。

DSC01865b_20120504120824.jpg


DSC01874b.jpg

青い小人の妖精たち、ムスカリ。

DSC01869b.jpg


敬老会
第18回敬老会が九十九小学校体育館で開催。

122名のお年寄りのご参加をいただき、開会式典・花束贈呈に続いて19の演芸が披露
されました。
にぎやかな歓談、拍手と笑い、久しぶりの友との語らいなど交流の様子などこちらも
リラックスしてきます。

DSC01786b.jpg

九十九小かるた 「や」   八木節の 音頭楽しく 村づくり

小学生がお年寄りにありがとうの恩返し(小日向地区)

DSC02134b.jpg


踊り「五条橋」のカットを演者の了解を得てアップしました。
姉妹の息の合った流れるごとくの弁慶と牛若丸の立会。拍手!

DSC01813b.jpg

DSC01815b.jpg

DSC01820bJPG.jpg

DSC01787b.jpg

安来節では九十九出身の本格講師(服部さん)による熟練技の披露と、演技の
ポイント指導まであり観客と共に笑いの渦となりました。

保育園生・小学生・婦人会・社協九十九支部などの歌・踊り・フラダンス・オカリナ
演奏などなど楽しい時間を共に過ごし閉会となりました。
次回は二年後です。



染料植物園
高崎市染料植物園では、染色工芸館にて4月28(土)~6月3日(日)の間
花拵え(はなごしらえ)-京都の染め和紙と花神饌(はなしんせん)-
の展示が行われます。

DSC01777b.jpg

さらに講習会「和紙を染める」が5月19日に
   講演会「紙染めの歴史と現在」が5月20日に開かれます。
       講習会で実際に作業をすると楽しいです。
講師は吉岡幸雄(染織史家)申し込みは往復はがきで植物園へ。4月24日必着。

桜草

DSC01782b.jpg

シネマテークたかさきでは、映画「紫―色に魅了された男の夢」が5月19日(土)
より一週間限定ロードショー。5月20日(日)上映後吉岡幸雄氏の挨拶もあります。
出演 吉岡幸雄氏ほか。 時には、別世界へタイムトリップもおすすめ。

DSC01778b.jpg

植物園では新芽の柔らかい緑や花々、小鳥のさえずりや飛影が夏の足音を感じさせてくれます。

DSC01781b.jpg

高崎市タワー美術館では、京都を彩るかたちといろ-調和する意匠と色彩-展を
4月14日(土)~6月17日(日)開催します。
日本人の心の奥に残されている感覚を呼び戻してみよう。


高崎市染料植物園
  高崎市寺尾町2302-11
  Tel:027-328-6808






花街道(2)
ツバキの花が満開。

DSC01772b.jpg

それぞれの個性がみどころです。

DSC01773bJPG.jpg

DSC01774b.jpg

梨の花。今年もカブトムシやコガネムシが、おいしいと食べに来るかな?

DSC01763b.jpg

つつじもこれは早咲きの種類ですね。

DSC01765b.jpg

ボケの花はこれからです。

DSC01769b.jpg

うす緑色で葉色と重なり目立たないけれど、隣の朱色に引き立てられてきれいです。

DSC01771b.jpg

同系色のピンクと朱の咲き分けも落ち着きます。

DSC01770b.jpg





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。