カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護国寺
八幡八幡宮の隣地の護国寺は江戸時代に移転し、現在文京区の「護国寺」
となっていると聞き、石仏さがしに寄ってみることに。

八幡八幡宮(11/16)の山門の東、えんま堂坂を上ります。

左手階段上に山門が見えます。

DSC00643b.jpg

シャッターを押していると、ウグイスがしきりに鳴き始めました。
しばし聞き惚れてしまいました。上手なので親鳥のようです。

入口左右に石造物がありますが、空間が空きすぎているのは移転したため?

DSC00644b.jpg

神通山遍照王院大聖護国寺(東京は、神齢山悉地院大聖護国寺)

DSC00647b.jpg

庚申塔、なぜか小ぶりです。ここに集められたのでしょうか?
無縁仏?も片隅に整理されていました。

DSC00662b.jpg

(追記)大聖(だいしょう)護国寺
     寺の名は日本唯一の寺。
     弘法大師直系の高僧が京都醍醐寺報恩院殿(ほうおんいんでん)
     の末寺として建てられた。
     山門の鬼瓦は葵の紋、棟木は籠目の桂昌院の紋がある。
     将軍綱吉、桂昌院、甘楽小野得成寺(とくじょうじ)住職亮賢
     (りょうけん)が深く関わる歴史的にも由緒ある有名なお寺。
                  パンフレット「八幡めぐり」より

DSC00663b.jpg


東京の護国寺は江戸時代は徳川家、明治以降は皇族や新政府の要人の墓
地となりました。

身近なところにある、歴史の表舞台とのつながりに驚きます。
スポンサーサイト
春の庭
ピンク雪柳が咲き始めました。

DSC00617b.jpg

DSC00618b.jpg

日向ミズキが今年も黄金の輝きを放ちます。

DSC00622b.jpg

DSC00623b.jpg

DSC00630b.jpg

ハナダイコンも春のしらせを告げる。

DSC00626b.jpg

チョコの散歩道
桜のつぼみが膨らみ、数輪咲き始めました。

DSC00583b.jpg

明日は開くでしょう。

DSC00581b.jpg

花桃?

DSC00587b.jpg

DSC00589b.jpg

レンギョウも満開。

DSC00590b.jpg

DSC00591b.jpg

誕生日
孫の9歳の誕生日(25日)祝い。

前夜祭を孫一家と両家の祖父母でにぎやかに。

DSC00526b.jpg

<誕生日談義>
4月1日生まれは3月31日で満6才になるので、翌1日から就学義務
が生じるという。  (学校教育法・年齢計算ニ関スル法律)

誕生日当日は、イトスギさんのケーキで「おめでとう」。
息子の撮った写真がメールで届きました

DSCN0898b.jpg
何度食べても、ほんとにおいしいイトスギさんのケーキです。

イトスギさんは、http://nanjya.gunmablog.net/
福泉寺
第2回安中市石仏めぐり
 板鼻・岩野谷地区の石造物めぐり(24日)

DSC00432b.jpg

福泉寺山門入口左右に子育地蔵尊・イボ取り地蔵尊がある。

DSC00439b.jpg

台座や本尊の色合いが別々な組み合わせです。

大きな地蔵尊の存在は、かつて寺の往時があった事を示しているようです。

DSC00440b.jpg

仮本堂のようです。

DSC00445b.jpg

大きな切り株があります。

DSC00442b.jpg

かつて市指定天然記念物「福泉寺のクスノキ」がありましたが、
枯れて市指定も解除されたようです。
明治初期に地元の人に植えられ、推定樹齢130年と言われましたが、
見られないのは残念です。

DSC00444b.jpg

主(あるじ)をなくし、お役目御免となった立て看板が、さみしく残って
おりました。

DSC00446b.jpg

手水鉢?道祖神などがある脇道方向のあります。

DSC00449b.jpg

福泉寺
 安中市大谷字熊野山673


チョコの散歩道
ホトケノザが下から上に咲き広がり大きな絨毯のように。

DSC00427b.jpg

DSC00428b.jpg

3月11日には一部分だったのが、満開になっています(再掲)。

DSC00157b_20130325214258.jpg

卒業式
九十九小学校卒業式

出かける前に庭を見ると、紅白に咲き分ける「思いのまま」が満開。

DSC00393c.jpg

枝垂れ桜も咲きだし春の饗宴。

DSC00397b.jpg

会場のアイビーホール

DSC00398b.jpg

学び舎、新しい校舎を見ていても心の中には古い校舎が浮かんできます。

DSC00400b.jpg

雪帽子のような玄関ホール。

DSC00401b.jpg

DSC00402b.jpg

開式までしばしの間、さくら茶で。日本の美学に酔う。

DSC00403b.jpg

卒業式

卒業生10人へ卒業証書授与、5209人が九十九小学校を巣立った。

清水陽二校長先生の式辞。

DSC00406b.jpg

記念品授与の後、卒業生から記念品贈呈。
このホールには時計がまだありませんでした。

DSC00407b.jpg

在校生が「大空がむかえる朝」の歌を送る。

卒業生は「街は光の中に」を返歌。

全員で「さようなら」を合唱。

DSC00416b.jpg

在校生の楽器演奏「栄光の架橋」と先生・PTA・来賓の拍手に包まれ
アイビーホールを巣立って行った。
幸多かれと祈る。

DSC00420b.jpg

チョコの散歩道
朝の散歩、寒いが晴天。

DSC00383b.jpg

夕方の散歩、日没とタイミングがずれました。

DSC00388b.jpg

19日の日没は、ここでした。
春分の日は、富士山形の山(日暮山1207m?)近くです。

DSC00351b.jpg

宝蔵寺
春彼岸

真新しい塔婆40本程を前に、宝蔵寺住職ほか2名による読経が響きわ
たる。
鐘・木魚・散華の舞った中、集まった30人程が焼香の後、塔婆を受け
取り各家の墓地へと向かう。

DSC00359b.jpg

DSC00369b.jpg

DSC00370b.jpg

DSC00368b.jpg

幾百年塔婆を建てたのだろうか、野辺の花を手向け、清水と線香の煙に
祈る祖先の霊。

DSC00377b.jpg

シャロームいそべ作品展
「新島襄・八重子展」会場の隣の会場では、新しい展示が準備中です。

第16回 シャロームいそべ作品展

明日からの開場前に、拝見させていただきましたので一部をご紹介します。

まず大作が目に入ります。

DSC00337b.jpg

焼き芋おいしいですよね。

DSC00338b.jpg

DSC00339c.jpg

DSC00341b.jpg

金属の光沢が生々しい魚をうまく表現してます。

DSC00342b.jpg

絵本作家とはうらやましい。

DSC00346b.jpg

DSC00348b.jpg

第16回 シャロームいそべ作品展
 会 期  3月20日(水)~23日(土)
 時 間  午前10時~午後4時半(最終日23日は4時)
 主 催  シャローム造形磯部教室 小島千佳さん
 場 所  旧碓氷郡役所(安中市安中3-21-51 Tel:o27-382-3764)




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。