カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土合駅
「ミステリーツアー」最初は、JR上越線土合駅。 (6/28)
上り・下りホームが別の場所にある珍しい駅。昭和11年12月19日開業。

清水トンネルは、三国山脈中の茂倉岳の直下を通る海抜600mの高さにある。
上毛カルタの「る」に、「ループで名高い清水トンネル」と詠まれている。

清水トンネル(昭和6年9月開通、延長9702m)は、現在上り列車用に
使用され、次の湯檜曽トンネルはループ式で珍しい形式です。

DSC03688b_20130702203911.jpg

新清水トンネル(昭和42年9月開通、延長13500m)は、当時日本第2位、
世界第7位の長さで名高い。下り列車用。

下りホームは地下70mにあり、「日本一のモグラ駅」として親しまれている。

DSC03689b.jpg

1番線(下り)ホームへ向かう。

DSC03690b.jpg

跨線橋ならぬ、跨川橋を渡り対岸へ。

DSC03691c.jpg

湯檜曽川、上流で一ノ倉沢・マチガ沢・東黒沢・西黒沢など合流してきます。

DSC03696b.jpg

水上から関東平野へと続きます。

DSC03694b.jpg

階段を見下ろすと、ブラックホールのような暗闇がはるか下まで続いている。
階段は462段、長さ338m。

DSC03699b.jpg

宇宙に浮かぶ、銀河鉄道999が進入してきそうなホーム。
線路はあるが、すぐ先からはない?

DSC03702b_20130702204112.jpg

再び地上へ戻る、最上段は486段ありました。
(写真は会長さんよりいただきました)

DSC06536b.jpg

DSC03713b.jpg

上毛カルタの「み」に「水上、谷川 スキーと登山」と詠まれている。
谷川岳(海抜1963m)、水上温泉郷には多くの人が訪れる。

DSC03714b_20130702204309.jpg

谷川岳の日(7月2日)
日本百名山の一つ谷川岳の初登頂の記録は、大正9年(1920)のこの日。

DSC03716b_20130702204310.jpg

近くの谷川岳ロープウェイ駅に向かう。天神平にはスキー場もあります。
土合駅(下り線)が眼下に。

DSC03717b.jpg

谷川岳には日本3大岸壁の一つ、一ノ倉沢があり険しい岸壁で有名。

DSC03718b.jpg

夏休み前で、静かな雰囲気。通過します。

DSC03719b.jpg
<参考> JR「駅からハイキング」9月14日(土)
     「一村一山上越線 初秋の一ノ倉沢岸壁鑑賞ハイキング」 
     起点駅:土合駅 当日参加可、予約不要、参加費無料

JR上越線土合駅 利根郡みなかみまち湯檜曽(ゆびそ)218-2

スポンサーサイト
いわき・ら・ら・ミュウ
3.11いわきの東日本大震災展  (6/27)
開館 2/8(金)~8/31(土)

あの時、何が起き 今、なにができるかを考える

DSC03622b.jpg

DVD映像を映写していた。驚いた。

先ほど見学したばかりの水族館からの町並みが、渦巻く津波に飲み込ま
れている。

雲海かと見間違えるような大きなうねりには、人の力など全く及ばない。

DSC03630b_20130701211216.jpg

悪魔が怒り狂ったような、原発の爆発現場。

地震大国日本の立地条件の研究不足。復水器などの使い方さえ知らぬ職員。

予備電源の重要性・緊急性には他人事のように対応し設置を先延ばしした
東電社。

DSC03665b_20130701211536.jpg

逃げるしか生きる方法が無い住民に、情報発信できない政府。

なにもかもが実用化には100年早かった。

DSC03664b.jpg

廃炉まで30年?その間に巨大津波が来て、冷却不能になったら?

再爆発の恐怖が脳裏につきまとう。

DSC03669b_20130701211539.jpg

大量の被災者を救わなければならない時に、原発に水をかけ続けなければ
ならないとは。

災害時には、壊れて終になる設備が必要だ。

DSC03670b.jpg

DSC03671b.jpg

DSC03673b_20130701211731.jpg

車両避難経路が明示されている。
DVDでは、車が渋滞し動けなくなっていたのだが?

DSC03679b.jpg

アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま (27日)

パンフレットには環境水族館とありますが、普通?の水族館とは違うと
いうこと?

DSC03587b.jpg

DSC03588b.jpg

昨日(26日)の天気から快晴、展望も良いです。

DSC03594b.jpg

DSC03597b.jpg

DSC03598b.jpg

DSC03601b.jpg

カラフルな魚は、楽しそうに泳いでます。

DSC03603b.jpg

DSC03609b.jpg

DSC03611b.jpg

生きている化石「シーラカンス」。動かない方が難しいのでは?

DSC03619b.jpg

八幡屋
母畑(ぼばた)温泉 八幡屋(やはたや)。前回はこちら

DSC03551b_20130630223821.jpg

朝食前に、裏山(八幡山?)の稲荷神社にお参り。

DSC03557b_20130630223823.jpg

DSC03559b.jpg

DSC03565b.jpg

八幡屋全景、確かにお守り稲荷です。

DSC03566b.jpg

これで朝食もおいしくなります。

DSC03567b_20130630223900.jpg


会津若松
三度目の鶴ヶ城。(前回前々回

石垣の石積にはいつも感心。

DSC03512b.jpg

太鼓門から見上げると、お城が見える。

DSC03518b.jpg

犬走りの石積もきれい。

DSC03522b.jpg

山本八重の生家方向。

DSC03528b.jpg

名物「紙芝居」時間で中座したのが残念、熱演に拍手。

DSC03535c.jpg

黒金御門を出て、大河ドラマ館へ。

DSC03537b.jpg

あいにく小雨が降り始めました。

DSC03539b.jpg

DSC03548b_20130629212417.jpg

いよいよ八重の活躍の時が来る。

DSC03541b.jpg

チョコの散歩道
ふと傍らの石が気に掛かった、どこかで見たような?
いつも見ている燈籠です。

DSC03425b.jpg

裏から見ると。

DSC03437b.jpg

ここで加工して設置したのでしょうか?
これは失敗作か、不用品で捨てたのか?
あの燈籠と同時期なら、かれこれ222年ここに?

DSC03506b.jpg

DSC03507b.jpg

DSC03508b.jpg

チョコの散歩道
長らくバラバラの状態の燈籠があります。

写真で組み立てると、この順番か?

DSC03431b_20130625231931.jpg

DSC03432b.jpg

DSC03435b.jpg

DSC03427b.jpg

DSC03428b.jpg

聞くところによると、上野寛永寺の対の燈籠の一つとのこと。
江戸時代に大名の石高に応じて、燈籠の大きさを指定して寄進させたも
ので、これは土岐氏の寄進だそうです。
相手の一基はいまどこに?

DSC03433b_20130625232019.jpg

夏雲
雲が動いて青空が、白雲との対比が夏近し。

DSC03420b.jpg

チョコの散歩道
小雨で生き生きしてます。

DSC03400b.jpg

DSC03407b_20130619231840.jpg

梅も大きくなりました。

DSC03406b_20130619231842.jpg

DSC03401b.jpg

タケノコもアレという間に伸びてきます。

DSC03403b.jpg

ユーザー車検
マイカー(軽トラック)のユーザー車検に行ってきます。

国道50号を北に入ると。

DSC03395b.jpg

軽自動車検査協会。

DSC03393b.jpg

事務所で書類作成(初心者には親切に教えてくれます)。

DSC03392b.jpg

検査室入口のレーン№前に並んで、順番待ち。

DSC03389b.jpg

検査完了でここから出てきます。(今は休憩時間)

車検証をもらって帰ります。

DSC03391b.jpg

DSC03396b.jpg



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。