カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の庭
大山木(たいさんぼく)古木だが今年も花を。

DSC04096b_20130801214233666.jpg

DSC04083b.jpg

DSC04090b.jpg

ポポーの実が楽しみ。

DSC04087b_20130801214238d38.jpg

スポンサーサイト
チョコの散歩道
あざやかな緑のバッタ。

DSC04100b_201307302114094f1.jpg

一羽だけ、もう一羽はどこへ?

DSC04102b.jpg

ツバメが巣立ち、群れを作って旅立ちの準備完了。出発はいつ?

DSC04105b.jpg

ラジオ体操
夏休みラジオ体操 (28日)

DSC04071b.jpg

夏休み最初のラジオ体操。

DSC04072b.jpg

印が一つ、何個もらえるかな?

DSC04073b_201307301540184d7.jpg

納涼盆踊り
地区の二つの小学校合同の納涼祭 (27日)

DSC04058b.jpg

夏休み初日、おこずかい貰って贅沢な一日。

DSC04063b.jpg

夕食も済ませる食欲。

DSC04067b.jpg

昔ながらの炭坑節から、ドラえもん音頭まで踊りの輪が。

DSC04062bJPG.jpg

しばやくして雲が出来、風が吹き、雨がポツリ・ポツリ、さあ逃げろ。

自転車こいで着いてからは強い雨脚と、一気に涼しくなる夕刻時。

新宿2013エイサーまつり
新宿駅を出ると賑やか、お祭りが始まるようです。

DSC04038b_20130730002913.jpg

12回目の「新宿2013エイサーまつり」のパンフレットには、27団体
の紹介があります。

エイサーとは、沖縄の盆踊りのこと。
旧暦の7月15日(今年は8月21日)にあたる、先祖をお送りする日
(ウークイ)の夜、青年男女が集落内を踊り巡り、各家の無病息災、家
内安全、繁盛を祈り、祖先の霊を供養する行事。

DSC04089b.jpg

エイサーの歴史・由来
1603年、琉球王国時代に浄土真宗が伝わり、葬儀や法事でニンプチャ―
(念仏者)が念仏歌を歌って霊を供養するようになったのが、エイサーの
原型といわれています。

エイサーの由来
いくつかの説があり、在来の「エサオモロ」という集団舞踊に「袋中(たい
ちゅう)上人」という京都のお坊さんが沖縄で始めた念仏形式の踊りが定着
したものというのが、一番有力な説となっており、囃子言葉の「エイサー」
からそう呼ばれるようになったと言われています。(パンフレットより)

無料でガラガラ、はずれでティッシュをゲット。

DSC04029b_20130730002918.jpg

「なんくるエイサー」オリジナル曲も演奏。エイサーも進化しているようです。

mMOV04035e1.jpg


mMOV04035f1.jpg

mMOV04036d1.jpg

「成田エイサー美ら海会」子供エイサー隊も。

mMOV04041b1.jpg

mMOV04041d1.jpg

mMOV04051b1.jpg

孫が大きな獅子の口中へ!
べそをかく子には、おじさんが飴を配る心配りも。

mMOV04051c1.jpg

お疲れ様。

mMOV04054c1.jpg

特別招待 「仙台すずめ踊り連盟」

慶長8年(1603)、仙台城移徒式(新築移転の儀式)の宴席で、泉州・
堺から来ていた石工たちが、即興で披露した踊りに始まるといわれる。

mMOV04056b1.jpg

伊達家の家紋が「竹に雀」であったこと、はね踊る姿が餌をついばむ雀
の姿に似ていることから「すずめ踊り」と名付けられたという。

mMOV04056c1.jpg
まだまだ続くようでした。
烏子稲荷神社
高崎帰りにぶらりと余暇のドライブ、浜川の御布呂(おふろ)が池に寄り
ました。
低地で井野川が蛇行してます。榛名山の湧水も豊富のようです。
西方に見える浅間山の方向に、小道を走ります。
御布呂が池は群馬・ふぉと雑記帳さんのブログに詳しく。

DSC03975b.jpg

周囲の豊かな田園を潤す早瀬川に架かる東橋のたもとに、こじんまりし
た浜川庚申公園の名前が刻まれている。
大きな庚申搭が気になり近所の方が来たのでお聞きすると、昔は向かい
の長学寺にあったという。万延元年(1860)。

DSC03993b.jpg

長学寺境内には彫の綺麗な如意輪観音?
大きな阿形の閻魔様がガラス越しに見えましたが、写真が撮れませんでした。

DSC03999b.jpg

古墳上の烏子(すないご)稲荷神社の北側は義経道路と教えていただきました。
(前方に浜川運動公園・御布呂が池方面を望む)
義経主従はこの道を通り、奥州・藤原氏まで下ったのか?

DSC04003b.jpg

DSC04026b.jpg

[クリックで拡大]

DSC04011c.jpg

DSC04022b.jpg

DSC04014b.jpg

DSC04019b_20130723233356.jpg

DSC04015b.jpg

古墳の名前は、上小塙稲荷山古墳。直径50m余の円墳で6世紀前半の
築造という。

烏子稲荷神社


毎年楽しませてくれる蓮の花、車を止めて鑑賞させていただきました。

DSC03964b.jpg

DSC03960b.jpg

DSC03954b.jpg

DSC03955b_20130719233734.jpg

DSC03956b.jpg

DSC03957b.jpg

堀越二郎
藤岡歴史館で開かれている、生誕110年企画展「堀越二郎の軌跡」を見学。

明治36年(1903)、藤岡市上落合生まれ。
この年、アメリカでライト兄弟の飛行機がはじめて飛んだ年でもあった。

DSC03948b.jpg

展示を見ると優秀さとその上努力の様子がうかがえる。

彼は、機能のすぐれたものは、美しいと言ったという。
無駄がないということか。

DSC03942b.jpg

撮影できないので、売店から。

小学校の頃、姉からもらったプラモデル「ゼロ戦」を組み立てた。
大切にしていたが今はない。
父は名古屋の高射砲部隊でB52を迎え打ったが、高高度で進入してくると
、弾が届かなかったと言っていた。
だが「ゼロ戦」の話になると、プロペラの回転に合わせてプロペラの間か
ら弾丸を発射するので照準が合わせやすいと自慢そうだった。

DSC03934b.jpg

以前テレビで、戦闘機をもっと軽くして性能を上げるよう軍部から指示
された製造側は、パイロットの防弾用の鉄板にも穴をあけて答えたという。
パイロットの消耗と、日本の燃える材料使用の弱点を突いた炸裂弾による
機体減で「特攻隊」編制へと進む。

DSC03931b.jpg

塚越氏も悩むことがあっただろうか、「戦闘機」設計を仕事として。

会場内で、でも戦犯にはならなかった・・という声が聞こえてきた。
非人道的な原爆を使用しても・・、勝てば官軍ということ?

所沢航空発祥記念館でも「塚越二郎の生涯」展、開催中。
友人がゼロ戦のエンジン音を聞いてきたという、行って見よう。

DSC03942c.jpg

会場入り口に「風立ちぬ」のポスターが。

主人公のイメージとして、塚越二郎が取り込まれているというアニメ映画
「風立ちぬ」、20日から。

DSC03943b.jpg

藤岡歴史館 
藤岡市白石1291-1 Tel:0274-22-6999


チョコの散歩道
今年も百合の花が咲き始めました。少し小ぶりです。

DSC03912b.jpg

チョコ愛用の露天風呂の水量が少ないです。これも猛暑のせい?

DSC03925b_20130714233729.jpg

「背中を流しましょうか?」と水をかけると、「シャワーは苦手だワン」
と飛び出してしまいました。

DSC03927b.jpg

ねむの木が虹色のように見えます。

DSC03930b_20130714233845.jpg

かき氷
以前買ってあげた、かき氷器で孫がかきごおりを作ってくれました。
一際おいしくいただきました。

DSC03909b_20130714232955.jpg



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。