カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新島学園
「八重の桜」(2013年NHK大河ドラマ)のゆかりを訪ねて。

新島襄・八重ゆかりの地ウオーク(9月8日) 特別公開先

新島学園 フィリアホール2階 「湯浅記念資料室」(7/25)

新島襄の遺髪・愛用の硯・危篤の電報など貴重な品が保存されていました。

新島学園創立者、湯浅正次は有田屋の5代目当主でした。

DSC04682b.jpg

男児志を決して 千里に馳(は)す
自ら苦辛(くしん)を嘗(な)む 豈(あに)家を思わんや

却(かえ)って笑う春 風雨を吹くの夜
枕頭(ちんとう)尚(なお)夢む 故園(こえん)の花  

DSC04685b.jpg

元治元(1864)年6月14日(陰暦)夜半、函館港に碇泊中の米船ベルリ
ン号に乗船した新島襄は、同年7月9日、上海でワイルド・ロウバアー号に乗
り替え、翌慶応元年7月20日(陽暦)ボストン港に入港した。

ちょうど1年の船旅でした。

この漢詩は、ワイルド・ロウバアー号での航海中に日記「航海日記」に書きと
めた作品を、明治16年1月に、自宅で浄書したもの。

新島先生生誕百五十年を記念し、この碑を建立。

庭園は、漢詩イメージを創作したものであり「故園」と命名。
写真の枯山水庭園、大海を模した白砂の中、上方の石は船に見える?。

DSC04686b.jpg

DSC04689b.jpg

良心の碑

DSC04681b.jpg

礼拝堂は大きく、千人収容できるが、中学・高校一緒では入れないとのこと。

DSC04683b.jpg

寒梅

 真理は寒梅の似(ごとし) 敢えて風雪を侵して開く

もっとも小さな花にも神の愛があると考えた新島は、特に梅の花を愛好し、色
々なところに観梅に出向いたそうです。

「寒梅」の漢詩は、新島の教え子である深井英五に書いて与え、観梅を勧めた
ものといわれています。

ここに展示されているかけじくは「寒梅」の複製で新島学園中学校、高等学校
第3代校長岩井文男氏が所有したものです。

DSC04665b.jpg

新島襄(1843~1890)

アメリカで大学を卒業、さらに神学校に進んでキリスト教神学を研究した。

1874年(明治7年)帰国し、安中に住む両親を訪ねた。

1875年同志社英学校(同志社大学)を開学し、キリスト教学校建設の初志
を実現しました。

DSC04674b.jpg


新島学園
 
安中市安中3702
 Tel:0273-381-0240






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/116-5b94c479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。