カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安中城址(3)
石川忠房生祠之碑

安中宿内、町口門に登る大手坂下の[伝馬町]信号、東4軒目に伝馬町公民館がある。

その裏にあるのが三社神社。公民館の脇を入り、石段を登ると生祠の碑が。

DSC05146b.jpg

安中城本丸内に、板倉勝明が天保5(1834)年に建てたもの。

廃藩後に現在地に移動。ここにも、碑1枚ごとに運命が。

DSC05127b.jpg

安中宿では、他宿の半分の25人25疋(ひき)の伝馬の定めで務めていた。

天明の噴火の際に他宿と同額の助成を受けたために50人50疋の人馬を出さ
なくてはならなくなった。

文政5(1822)年に道中奉行に嘆願し、従来の25人25疋で済むように助郷
の追加を得られた。その時の奉行が石川忠房だった。

DSC05130b.jpg

碑の手前にあるのが、石川忠房生祠(生存中に生き神様として祀った)の石祠。

安中宿内、高札場(現在群馬銀行安中支店敷地)裏の牛頭天王社に文政3
(1820)年建てた。

明治維新で失われたが昭和30年再建。

DSC05132b.jpg
 
神社の鳥居の下に、草三之碑がある。

DSC05125b.jpg

安中草三郎に詳しいのは、群馬・ふぉと雑記帳さんのブログ。


三社神社   安中市安中3丁目20
関連記事
スポンサーサイト

コメント
*安中草三郎
拙ブログにリンクして頂き、ありがとうございます。
地元の歴史を調べ始めたばかりの頃の記事なので、
不備があるのでは・・・と心配でしたが、実は今でも
ちょっと不安なのです^^。
[2012/08/20 16:36] URL | 風子 #- [ 編集 ]

安中城址(3)
風子さま
良く調べられてますね。知らなかったので興味がわきました。
東光院のお墓がどこにあるか?気になりますね。
[2012/08/21 09:13] URL | 染太郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/134-e90fd086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。