カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコの散歩道
昨日(29日)夕方のチョコの散歩、前方の川中の木の先端に綺麗な瑠璃色の
カワセミ?が舞い降りすぐ飛び去りました。

残念!ポケットのデジカメでの1枚は。

DSC05410b.jpg

プロペラ集団、舞い上がる?

DSC05413b.jpg

今日はデジカメのシャッターに指を乗せ、静かに近づきましたが、不在。

DSC05427b.jpg

学習の森の小池の清掃で見た、「藻」がここにも。

広河原橋の上流から下流まで、「藻」の世界

DSC05428b.jpg

雨が少ないので水量が少なく、残暑で水温が上昇して「藻」に快適な環境に?

DSC05430b.jpg

安中城図(安中文化会発行 美濃部家所蔵)を見ると、安中城の北を流れる九
十九(つくも)川は、「すく藻川」とある。「藻」と無縁ではなさそうです。

DSC05438b.jpg

一休み。

ここ(緑の三角地)には水車小屋「上車(かみぐるま)」が有った。

小さい頃、父と行ったことがある。水車が回り、ゴトンゴトンと米を撞いていた。

地区で共同使用するもので無人、下流の地区には中車(なかぐるま)が有った。

撞きあがる頃、取りに行く。

DSC05433b.jpg

DSC05436b.jpg

水車小屋の下の川は、不思議と水量がなく平らで歩いて渡れる。

川底の岩盤が平なので、水が左右に幅ひろく流れ、水深が浅い。
橋が流されても、歩いて通行できたとか。

古東山道(あずまやまみち)とも言われ、大戸道とも。(4/5

DSC05416b.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/147-5a72f0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。