カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるなし塚
九十九歴史講座 現地散策レポート⑩

あるなし塚と由来

百石村の姥堂に阿弥陀堂があり、堂守の姥が住んでいたと言う。

場所は、夜泣き地蔵(10/1)の近く。

DSC06383b.jpg

その昔、弥陀堂の南の台地に朝日長者と言う一人の大金持の老人が住んでいた。

妻もなく子供もなく、ただ有るものは財宝ばかり、この世の中に徳を積むこと
のみが楽しみの長者であったが、よる年なみに、その願いも思うように果せな
かった。

やがて付近に戦があったので、急いで財宝を阿弥陀堂の裏の塚の中に埋めてし
まった。

そのうちに年老いた長者は、埋めた財宝を後世の積善の人が掘りだして世の為
に役立たせてくれるようにと心に念じながら、最後の力を奮い起して、阿弥陀
堂の壁に財宝を埋めた場所の迷路を書き、その横に、
 
  朝日さし 夕日輝く弥陀堂の
    あるなし塚の木の下に
      こがね千枚 二千枚
  
と一首残して死んでいった。

DSC06835b.jpg

その後昭和の初め、黄金を埋めたと伝えられるあるなし塚を試みに堀り始めた
ところ、地蜂の大群におそわれ、これはまだ掘る時期が来ないのだろうと止む
なく掘るのを止めたということです。 (九十九史考より)

ところで「あるなし塚」として掘った塚(古墳)はどこなんでしょう? 
九十九史考には書いてありません。

上の写真は阿弥陀堂があったところ、その裏は塚のようですが,神戸先生に
お聞きすると塚ではありません。

では本当の「あるなし塚」はどこ? 神戸先生にお聞きすると、下の写真です。
なんと、いつも車で通っている道路から見えるではありませんか。

それにしても「あるなし塚」名前からして、ある?なし?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんど掘ろう!
[2012/11/04 21:36] URL | 靖幸 #- [ 編集 ]

あるなし塚
靖幸様
数えきれない程古墳が多いので、どれが本当のあるなし塚?
一生かけても見つかるか?
なにより個人所有地なので、立入禁止です。 染太郎
[2012/11/04 22:32] URL | 染太郎 #- [ 編集 ]


『碓氷の伝説』という本には、お金の隠し場所に困った朝日長者が
太い竹の筒を何本も作らせて古墳の上に突き刺し、そこからお金を
流し込んだと書かれていますが、その大金がどこかで眠っている…と
想像するのも楽しいですね^^。
[2012/11/05 14:51] URL | 風子 #- [ 編集 ]

あるなし塚
風子様
九十九史考には、他にうるし塚(下増田)と日陰薬師(高梨子)に
似ている伝説があります。
伝説はなんども語り継がれて、古墳の多い九十九に3話も残ったのでしょう。
発掘調査すれば謎が解明? 破壊されないよう保存・調査が待たれます。
[2012/11/05 21:17] URL | 染太郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/214-1d6764b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。