カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯貝雲峰の碑
九十九歴史講座 現地散策レポート⑪

磯貝雲峰  慶應元年~明治30年(1865~1897)

下増田の内田家に生れ、14歳で母の実家である郷原の磯貝家の養子となり磯貝
姓を名乗った。本名由太郎。
当時細野東小学校長だった柏木義円の勧めで同志社に学び、徳富蘆花らと親交を
深めた。

参考:九十九小学校の「学校要覧」によると、明治12年8月28日、増田東小
   学校と高梨子小学校を合併し、国衙村を含めて細野東小学校を下増田天神
   原に設立。
   就学児童数134人(高等科4人、中等科30人、初等科100人)

DSC07772b.jpg

明治22年に卒業、明治女学校等で教鞭を執る傍ら「女学雑誌」に詩・小説を発
表、またジャスマンやバイロンの訳詞もなした。

明治26年から名古屋の金城女学校の校長となったが明治28年に渡米、英文学
研究中肺結核に罹り帰国、32歳の若さで没した。

郷原の自性寺に墓があり、生家の西に詩碑(市指定重要文化財)が建つ。
  (安中ふるさと人物事典より)

DSC07748b.jpg

碑の表面には雲峰の略歴を記し、裏面には雲峰の短歌

  早蕨をおりし昔よ偲ばれて 恋しくなりぬ ふるさとの山

が彫られている。

DSC07751b.jpg

この碑の石は亀石と呼ばれ、かつて松井田城本丸の手洗石となっていたが、銘
石であるとして下増田諏訪の下の清水のほとりに運ばれ、建碑のため、ここに
運ばれ永遠のところを得た。
              (松井田町の文化財より)

碑文は徳富蘇峰の撰文とある。(昭和16年1月建立)

DSC07749b.jpg

西隣りには、日向薬師のお堂が建っている。

DSC07750c.jpg

九十九小学校から、小日向方面に伸びる県道には歩道がなく、水路の蓋の上が
「通学路」となっている。
長く拡幅が待たれたが、ようやく測量が始まり安全な通学路ができるようです。
歩道で傘をさすと車にぶつかる?というこの景色も、昔話になるでしょう。

DSC07773b.jpg

九十九小かるた 「い」 磯貝雲峰 郷土の偉大な 文学者

DSC00870b.jpg

磯貝雲峰の碑
  安中市松井田町下増田203

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/215-32f82024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。