カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜田門外ノ変
江戸城桜田門を訪問して(2/5)から映画を観たくなりDVD鑑賞。

映画 桜田門外ノ変 2010年10月16日公開

監督 佐藤純彌
出演 大沢たかお 柄本明 加藤清史郎 温水洋一   坂東巳之助
   長谷川京子 生瀬勝久 中村ゆり  ユキリョウイチ永澤俊矢
   伊武雅刀  渡辺裕之 須賀健太  北村有紀哉  池内博之
   北大路欣也 渡部豪太 本田博太郎 田中要次   榎本孝明
   西村雅彦ほか
主題歌 alan「悲しみは雪に眠る」
原作 吉村昭「桜田門外ノ変」

安政5年(1858)大老に就任した彦根藩主・井伊直弼は、勅許を得ず
日米修好通商条約に調印する。
安政7年(1860)3月3日江戸城桜田門外で水戸藩・薩摩藩の脱藩浪
士が登城の大老・井伊直弼を襲撃して、暗殺した。

桜田門外ノ変3

原作本の文庫本(上・下)

著者吉村氏は単行本あとがきで、江戸幕府崩壊の過程と「大東亜戦争」
の敗戦の類似を感じるとし、桜田門外の変と二・二六事件とを重ねあわ
せているという。(ウィキペディアより)

推察するに
鎖国による外国との格差増大・長期政権の制度疲労と軍事・強権政治に
よる閉塞感が一気に時代を動かす原動力に変わったのだろう。

その最初の力は、原理主義的な純粋な思考の基、非民主的暴力をもって
遂行された。

吉田松陰や坂本竜馬が生きていたら?
明治新政府の組織も変わっていて、大戦の敗戦により民主主義を確立す
るという以前に、軍事のみならず近代国家体制を成し遂げていただろう
か?

桜田門外ノ変1

脱藩浪士たちの夢見た日本は、どんな日本だったのか?

桜田門外ノ変2

文久の改革

文久2年(1862)薩摩の島津久光は京都から勅使を擁して江戸に下り、
幕政の刷新を要求。幕府は福井藩主・松平慶永の主導で井伊政権の清算
を図った。(Wikipedia)

一橋家・徳川慶喜を将軍(家茂)後見職に任命。
松平慶永(春嶽)を新設の政事総裁職に任命。
京都守護職を新設し、会津藩主松平容保を任命した。
参勤交代の緩和・大名の妻子の帰国許可・洋学研究の推進・軍事改革・
服制改革が行われた。

外国人は本国に「日本の革命」「大君の権威失墜」「権力はミヤコへ」
などと報告したという。

(追記)
島津久光は薩摩への帰り道、東海道の「生麦」で殺傷事件を起こす。
若大将ゆうゆう散歩SPで加山雄三が紹介していました。
東海道散歩(川崎宿~神奈川宿)(28日TV朝日)

2年後の元治元年(1864)新島襄は国禁を破り、出国します。
NHK大河ドラマ「八重の桜」の新島八重の生涯にも大きな影響が。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/294-00dc41f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。