カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寛永寺
JR山の手線鶯谷(うぐいすだに)駅を下車して高架橋を渡る。

寛永寺坂

DSC03168b_20130618150205.jpg DSC03169b_20130618150206.jpg

寛永寺北東は高低差の大きい自然の要害で、江戸城の鬼門丑寅を守る。

DSC03225b_20130618151024.jpg

寛永寺は1625(寛永2)年、徳川幕府の祈祷寺として創建。
後に菩提寺も兼ねるようになり6名の将軍が眠る。
根本中堂(本堂)や開山堂、清水観音堂、不忍池辯天堂などが上野公園
周辺に点在している。

DSC03172b.jpg

東叡山寛永寺 (説明パネルより)

元和8年(1622)徳川幕府2代将軍秀忠が上野の地を天台宗の僧、天海
に寄進したことから、寛永寺の歴史は始まります。
本坊は、寛永2年(1625)に竣工。
根本中堂の完成は、元禄11年(1698)のことです。


DSC03181b_20130618152241.jpg

根本中堂(寛永寺本堂)

旧本堂(根本中堂)は、現在の東京国立博物館前の噴水地あたりにあった
が、慶応4年(1868)彰義隊の兵火で焼失した。
そのため明治9年(1876)から12年にかけて、埼玉県川越市の喜多院
の本地堂を移築して、寛永寺の本堂とした。
寛永15年(1638)に家光が建てたものである。(HPより)

DSC03187b.jpg

DSC03207b.jpg

DSC03216b.jpg

DSC03182b.jpg

DSC03229b_20130617235305.jpg

DSC03186b_20130617234937.jpg

江戸末期までの寛永寺は今の上野公園をはじめ、その周辺にも堂塔伽藍
や子院が立ち並ぶ文字どおりの巨殺であり、徳川将軍家ゆかりの寺にふ
さわしい威容を誇っていました。

DSC03221b.jpg

明治維新の際の上野戦争で大半が炎上し、その後明治政府の命令で境内
も約3万坪(江戸時代の十分の一程)と大幅に縮小され現在に至る。

DSC03185b.jpg

DSC03178b.jpg

楼なき台座が多いのは戦乱のせいか?。

DSC03218b.jpg

DSC03234b.jpg

スカイツリー発見。

DSC03226b_20130617235605.jpg

DSC03235b.jpg

上野公園を上野駅に向かいます。

DSC03238b.jpg

DSC03251b.jpg

光輝山明徳院宝蔵寺は、寛永年中(1624~43)比叡山末から東叡山末に
なった(大日本名蹟図誌)とあることから、同時期に寛永寺は天台宗の
東日本の総本山となったようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/384-4f1cdbc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。