カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日向の火とぼし
南牧村大日向の「火とぼし」を見学。(15日)

駐車場ととの間は電気自動車が走行実験で運行中。
早速実験に協力して楽チン。

DSC04230c.jpg

定員10名(運転手含)最高速度19㎞、8輪駆動、8時間の充電で40㎞
走行、自家用ナンバー車。

DSC04233b_20130819230642a3c.jpg

大日向地区に400年以上も昔から伝わる、県内最大級の火祭りという。
南牧川に架かる大日向橋の上から、長さ2~3mの縄をくくり付けたワラ束
を燃やし、2~3人づつグルグルと回すと、丸い炎の軌跡が闇の中に浮かび
上がる。

DSC04263c.jpg

安養寺向かいの山から子供たちが、ワラに着けた火を運んでくる。
神社があるという。

DSC04263d.jpg

運ばれた火は火とぼしの種火になる。

DSC04277b.jpg

子供達が火のついたワラ束を引きずり、安養寺の6地蔵の前を通り河原に運ぶ。

DSC04273c.jpg

MOV04276b.jpg

太鼓と笛のお囃子にのり、人とぼしが始まる。

MOV04292d.jpg

始めての人も指導を受けると曲りなりにも回るが、ベテランでもやけど
するので許可が必要との事です。

MOV04294b.jpg

開会時には新しいユルキャラ、南牧村の「なんしいちゃん」も登場!

DSC04297b_201308192314158c2.jpg

なんしいちゃんの応援に答えて火とぼしも絶好調。

MOV04305b.jpg

丸く写すには技術が必要のようです。

MOV04309d.jpg
祭りの終りには安養寺に火を奉納する儀式があるそうですが、都合で帰宅
したので観られず、次回のお楽しみとなりました。

南牧村大日向278 安養寺付近(大日向橋)

関連記事
スポンサーサイト

コメント
火とぼし
南牧村の「火とぼし」、一度は見たいと思いつつ
なかなか出掛けられません。
花火写真と同じで撮影は難しいですが、見られて
よかったですね。電気自動車も気になります^^。
[2013/08/21 09:25] URL | 風子 #- [ 編集 ]

火とぼし
風子様
群馬大学と地域の企業で共同開発した低速電動バス、愛称「MAYU」。
村内の移動手段のあり方を検討中とのことで、乗車アンケートを提出して下車。
高齢化で坂道を歩くのは大変ですが、このバスは快適です。
街中の数ヵ所の停留所を往復し、小人数を輸送するには、最適?
市内の観光用にもほしいですね。
[2013/08/21 23:44] URL | 染太郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/422-d2a29fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。