カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碓氷峠下り①
中山道・碓氷峠下り①

昨年は、中山道(碓氷峠)を往く-1-、         
-2-、 -3-、 -4-、 -5-、 -6-、 補1、 補2、 今年補3

軽井沢から碓氷峠へ巡幸道路をバスで。
バスを降りて見晴台方向へ曲がる地点から、右のフェンスを見下ろすと
「旧中山道」の峠道。
ここを幾多の人々が往来したのでしょうか?足音が聞こえて来そうです。

DSC05930b.jpg

歌が2首

旅人の 身を粉に砕く 難所道 石のうすいの 峠なりとて 十返舎一九

苦しくも 峠を越せば 花の里 みんな揃って 身は軽井沢

DSC05931b_2013111022574669a.jpg

昨年より日差しを感じるのは葉が落ちてしまったからか?

DSC05913b.jpg

左手に「詩聖タゴール記念像」、生誕120年を記念して建立された。 
タゴール(1861~1941)カルカッタ生まれ。
背後の壁には彼の言葉「人類不戦」の文字が記されている。

DSC05915b.jpg

DSC05916b.jpgクリックして拡大。

群馬・長野の県境。

DSC05920b_2013110419002198e.jpg

左(西)から右(東)へ。

DSC05927b_201311041900234b4.jpg

DSC05921b.jpg

浅間山もクッキリ。

DSC05922b_2013110419002648d.jpg

熊野神社へ参拝。
創建者は日本武尊(やまとたけるのみこと)と言われる。
景行天皇40年(110)東国を平定し、武蔵・上野を経て碓氷峠に至る。
鎌倉時代の正応5年(1292)に、「松井田一結衆」が寄進した古鐘も拝見。

DSC05947b.jpg

安中藩主、板倉勝明公献上の釣鐘に燈明が灯っていた。
月日の隔たりが一気に縮まる思いです。

DSC05934c.jpg

多層塔
南北朝時代の文和3年(1354)に建てられた。
解説板では「多重塔」とあり文は以下。
   奉施入
   当社権現石塔一基 右造立志起者
   為現当二世乃至 法界平等利益也
       文和三年甲午卯月十八日
   妙弥法性敬白
この多重塔は、ここ碓氷峠で南北朝時代に起こった「武蔵野の戦い」で
亡くなった人の「二世安楽:この世とあの世の両方で幸せ」を願って建
てられた。
元は七重で200年程前の浅間山大噴火の影響で倒れた後、一重分が不明
という。

DSC05939b.jpg

 夏木立 花は薄井の 峠かな    伊達正宗   

DSC05942b.jpg

DSC05949b.jpg

分水嶺、黄色も色落ちしているが、重要性はあまりない?

DSC05950b_20131104190539170.jpg

碓氷峠見晴台(標高約1200m)  

 続きは、碓氷峠下り②へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/487-16194af8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。