カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと歴史研究①
西横野生涯学習センターの「現地研修会」に参加。

大王寺地区からスタート。
お堂のあった所が少し空地になっているので車を止め、歩いて周囲の観察へ。

DSC06222b.jpg

水路があり、土塁の痕跡もある。

DSC06225b.jpg

大王寺の寺域と重なる屋敷跡か?

DSC06223b.jpg

周囲には江戸時代の医院のあった所も。

DSC06227b.jpg

古くから豊かな土地であったことがうかがえる。

DSC06226b.jpg

塚原地区方面へ移動。
途中に古墳がある。

DSC06229b.jpg

入るとかなり広い。

DSC06230b.jpg

北へ入ると、庚申碑。趣のある字体です。

DSC06235b_20131123232523884.jpg

目の前の竹林の中に古墳があるというので、入ると。

DSC06236b.jpg


道しるべは比較的新しい。

DSC06234b_20131123232525338.jpg

DSC06237b_20131123232642267.jpg

鉄塔の近くにある古墳。

DSC06238b_2013112323264420f.jpg

人見堰
建設の顛末は、有名な話です。
3.5㎞で7メートルの高低差という。
田畑への灌漑のみでなく、しじみ・ほたるなど生息し、生活に恩恵を与
え続けたという。

DSC06241b_2013112323264697e.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/497-7525ca97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。