カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義経と弁慶
白旗神社を後にして南に行くと、国道467号線が東に折れここは旧東海道と
重なっている。

DSC06956b.jpg

北側歩道に「伝源義経首洗井戸」の標柱があり、矢印が北を指している。

DSC06957b.jpg

路地を入っていくと。

DSC06958b.jpg

公園風の空地の右側に井戸がある。
覗いてみると水はなく、土を入れ少し埋めたようで浅くなっています。
誰かの屋敷の井戸だったのでしょうか?

DSC06962b.jpg

ここからさらに北方40m辺りに「義経首塚」と伝える遺跡があったという。
現在はどうなったのでしょうか?
残念ながら時間切れに付次回の訪問時に調べることに。

DSC06961b.jpg

真中の石碑には「義経公の首塚」とあります、ここに移転したのでしょうか?

DSC06963b.jpg

DSC06965b.jpg

次に「弁慶塚」に行くことに。
常光寺あたりか?と思ったら見つかりません。
西側に回り込む路地がありました。

DSC06972b_20140105201707535.jpg

八王山常光寺(浄土宗)
元亀3年(1572)創建。
本尊の木造阿弥陀如来立像(市指定文化財)は、鎌倉扇ガ谷(やつ)阿弥陀堂
(廃堂)から移されたものという。

DSC06974b.jpg

1段目の上は平らです、お堂か何かあったのでしょうか?

DSC06981b.jpg

2段目の階段は古そうです。
右上の古株の太さはすごいです、さながら弁慶のようで歴史の古さを感じ
させてくれます。

DSC06983b.jpg

階段上は平らで片側に庚申塔などがまとめられていた。

DSC06984b.jpg

「弁慶塚」の石塔があるが、囲いがあるため後方は不明。

DSC06986b.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/526-f03eaa8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。