FC2ブログ
カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補陀寺
補陀寺の釈迦涅槃図が修復を終え御開帳されているので見学に行こうと、
武田さん(西横野)に誘われ案内していただきました。 (26日)

DSC07572b_2014040200314884f.jpg

武田さんが小さく見える程の大作です。

DSC07573b_20140402003149bbf.jpg

DSC07575b_20140402003151ef0.jpg

DSC07576b_20140402003152fc8.jpg

DSC07579b_2014040200355682f.jpg

DSC07580b_20140402003558d3a.jpg

DSC07587b_20140402003600739.jpg

DSC07588b_20140402003601689.jpg

DSC07577b.jpg

生き物すべてが悲しみの涙にくれています。

DSC07589b.jpg

DCIM0209b.jpg

松井田城主大道寺氏の墓

DCIM0226b.jpg

小板橋下総守の墓

DCIM0225b.jpg

DCIM0214b.jpg

補陀寺の懸額が、総門と本堂を結ぶ一直線上に3面ある。

DCIM0229b.jpg

総門に懸けられている月舟筆の扁額には「関左法窟」とかいてある。

DCIM0231b.jpg

金剛寺隣地の諏訪神社に行こうとしましたが、階段はまだ登れませんでした。
雪解けを待つことに。

DCIM0236b.jpg

補陀寺
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/554-0507c4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。