カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩戸山観音堂
現在は蓮華寺境内に保存されている、岩戸山観音堂

元所在地に観音堂跡があり行くことが出来る、という紺野住職の言葉を思い出
して登ってみることに。

東邦亜鉛工場の入口手前の「観音橋」を渡り、すぐ右折します。

DSC00849b_20140618235119c35.jpg

簗瀬川右岸を上流に少し行きます、川の水量はかなり豊富です。
当山の土地は清燥で、春は山の桜すべて咲きほこり実に見事だったという。

DSC00851b.jpg

前方に2つの大きな岩山と鉄塔が見えますが、観音堂の位置は少し手前かも
しれません。

DSC00852b_20140618235124d63.jpg

沢の水路があり渡ると、左側に人幅くらいの小道があり登って行けそうです。

DSC00855b_20140618235126f39.jpg

少し登ると、はっきりと道らしくなります。

DSC00857b.jpg

いろは坂のように、つづら折りに登ります。

DSC00860b.jpg

沢の水音が途切れないことから、沢伝いに登っていることが解ります。
雨が降れば、滝となりそうな沢です。

DSC00863b.jpg

一段の高さは低いので助かります。

DSC00864b.jpg

DSC00866b_20140618235502ff6.jpg

観音様?観音堂が近い?

DSC00868b_2014061823550570f.jpg

天長元年(824)4月18日円仁の開基、栄朝禅師の開山。上野31番札所。
本尊 白雉観世音 円仁大阿闍梨作(火災で消失)

DSC00870b_20140618235633e4f.jpg

目的地のようです。

DSC00872b_20140618235636128.jpg

ハート形?仏足?疲れも吹き飛びます。

DSC00873b.jpg

狭い道を来たからか、広く感じます。木は桜でしょうか?
往古には信徒倍増し、仏法隆盛の為教堂狭隘となり蓮華寺を建立したとい
うことです。

DSC00874b_20140618235642664.jpg

妙見ヶ滝はどのあたりでしょうか?沢の水を引いていたのでしょうか?
それとも、水が枯れてしまったのか。

DSC00879b_20140618235644aec.jpg

大木?石? これが「藤見ヶ岩」でしょうか?

DSC00880b_20140619000555072.jpg

燈籠の奥に石段があり登ると狭い方形の空地、目指す「観音堂」跡のようです。
円仁が自作の白雉観世音を安置したという岩窟はどこでしょうか?。
栄朝建立の観音堂も今はなく、青草の知るばかりです。

DSC00881b.jpg

DSC01040b_201406202319401ca.jpg クリックして拡大

岩戸山観音堂跡
関連記事
スポンサーサイト

コメント
岩戸山雉子観音
染太郎さん こんにちは。
岩戸山雉子観音の記事をようやくUPしましたが、
詳細は、勝手ながら(手抜きで)貴ブログへリンクさせて
いただきましたので、よろしくお願いいたします^^。


[2014/07/01 09:11] URL | 風子 #- [ 編集 ]


風子さん
当ブログへリンク、ありがとうございます。
板鼻に向かう東山道(鎌倉街道)が東邦亜鉛とJR安中駅を
横切っていた?
古街道から、全山桜花の岩戸山観音堂を見たいものです。
[2014/07/02 22:37] URL | 染太郎 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/620-05522b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。