カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

染太郎

Author:染太郎

職業:Confiseur    
   ジャム職人

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

フリーエリア


ジオターゲティング

足跡を一つ二つ・・・歩いて行くと残ります・・・
目に止めた景色・古道散歩・昔ばなし・草木染め・などつれづれに綴ります.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大原橋
田植えが進んでいます。

薬師下から九十九小学校(正面)を望む。右の丘陵は天神原。
手前緑地の右から左へ増田川が流れる。

DSC03340b.jpg

大原橋

上の写真の下流。右から左へ増田川が流れる。

DSC03341b.jpg

DSC03323b.jpg

DSC03322b.jpg

DSC03324b.jpg

上田中古墳(1号墳・2号墳)

上田中1号墳は、直径12mの墳丘・墳丘外縁に基壇・墳丘外側に周溝が
あり、全体の規模は直径25m程度となる。6世紀初頭の築造と推定。

円周状に並んだ埴輪列が検出され、町内初の朝顔型埴輪が出土した。
鉄製品として刀子(とうす)・鉄鏃(てつぞく)、滑(かつ)石製の管玉・ガ
ラス玉・須恵器のはそうなどが出土している。


 幅70cmの羨道を南から北に6m入ると、玄室が直角に交わりT字を成す。
 (これは九十九地区だけでなく、松井田町の古代史にとって第一級の資料です
  ー松井田の文化財より)
 東頭位で埋葬と推定されている。

上田中2号墳は、直径10mの円墳。周溝を含む直径は19mの規模。
1号墳と近似した時期の築造と推測。

国衙・朝日方面から津雲神社参道を横切り正面を見ると、上田中古墳遺跡。

歩道境界が切れているので、土地改良前には古墳方向に道があった名残と
わかる。

DSC03327b.jpg

注目される特徴

本墳の東3kmにある後閑3号墳も平面T字型の横穴式石室。

1号墳の南東4.5kmの碓氷川左岸に位置する簗瀬二子塚古墳(前方後円墳
・80m・6世紀初頭)とも石室の石の組み方がよく似ているという。


DSC03333b.jpg

チョコが立ち止り、見つけたのはかたつむり。

DSC03332b.jpg

桑の実。熟すと真っ黒に。見ると酸っぱい味が口の中いっぱいに。

DSC03338b.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://bberry1.blog.fc2.com/tb.php/75-50d65ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。